ペルシア絨毯・キリム・ギャッベの直輸入/卸 サンアイカーペット 04-7144-9616

ペルシャ絨毯の基礎知識


ペルシャ絨毯のお取り扱いについて

シルクロード絨毯雑学ミニコラム


キリムについて


ギャッベ(ギャベ)について


ペルシャ絨毯工房紹介





 TOPへ>  ペルシア絨毯クリーニング・修理・加工

 ペルシア絨毯クリーニング・修理・加工 サービスメニュー

サンアイカーペットではペルシア絨毯原産国の技術認定者によるクリーニング、修理、加工を
行っております。
料金は絨毯の程度により変わってきますので、お見積りをさせていただきます。

   ●クリーニング

絨毯クリーニング湿気が多い日本では、絨毯素材のシルクは湿気が原因で酸化・腐食、また、ダニやカビなどが発生しやすい環境になります。長持ちさせるために普段のお手入れの他に3~4年に一度のプロによるクリーニングをおすすめします。
弊社のクリーニングはすべて防虫加工を施します。







   ●シャーリング

シャーリング長くお使いいただくと、どうしても日焼け等で色が変わってしまいます。シャーリングとは絨毯の表面の色が変わった部分を削り取ることです。熟練した技術者が作業しております. シャーリング後は元の色が戻り見違えるようになります。








   ●シミ取り・色直し

ペルシャ絨毯シミ取りうっかりつけてしまったシミ(コーヒー、ワイン、醤油等の調味料、その他)やペットの排泄物、また年月のたってしまった汚れなどはクリーニング専門のプロにおまかせください。シミは年月が経つほど落としづらくなりますのでお早めに!








   ●虫食い修理

ペルシャ絨毯虫食い修理日本では、イガ・コイガ・ヒメカツオブシムシ・ヒメマルカツオブシムシの4種類の害虫がいます。害虫の幼虫はウールやシルクなどの動物性繊維、特にウールを好みます。日本の風土は湿気が多いため害虫が付きやすいので、保管をされる場合、風通しの良い場所での保管をおすすめします。








   ●パイル修理(キズ・穴あき)

ペルシャ絨毯パイル修理縦糸を貼り、次に横糸を貼り、パイルを一目一目結んでいく、結び終えたら最後にハサミできれいに整えます。











   ●耳修理・フチかがり

ペルシャ絨毯房修理シラゼ(耳修理・フチかがり)とも言います。
耳のほつれ・はずれの際に、同様の糸を作成し(染色から行います) 補修して行きます。











   ●房補修・修理

ペルシャ絨毯房修理修理の中でも、割と多いのがこの房交換であったり、房補修です。ぼろぼろになってしまった房を一本一本新しく植え替えていき、最後に絨毯の一番端の所で、房止めをし外れないようにします。








   ●ベルト付け(ウェイトテープ)

ペルシャ絨毯ベルト付けウールの、特に目の細かい商品がクルリと巻き込まれないようにする為、絨毯の裏に一回りベルトを付けます。













   ●タペストリー加工

ペルシャ絨毯タペストリー加工敷くだけではありません。タペストリーとしてもお使いいただけるよう加工致しております。













   ●歪み修理

ペルシア絨毯は湿気の多い日本ではまれに歪みが生じることがあります。
歪みによる修正を致します。




他にも、ペルシア絨毯に関する修理・加工はご相談に応じます。
お気軽にご相談ください。

 特定商取引法の表示 プライバシーポリシー サイトマップ