ギャッベとは毛足の長く粗い絨毯

ペルシャ絨毯の基礎知識


ペルシャ絨毯のお取り扱いについて

シルクロード絨毯雑学ミニコラム


キリムについて


ギャッベ(ギャベ)について


ペルシャ絨毯工房紹介





 HOMEへ> ギャッベとは(ギャベとは) 

    ギャッベとは   ギャッベ産地の風景   ギャッベモチーフ

 ギャッベとは(ギャベ)

イランの遊牧民GABBEH
毛足の長く粗い絨毯

ギャッベとは産地でなく、ペルシア語で「毛足の長く粗い絨毯」を意味します。
イラン南西部の遊牧民によって古くから生活の中の必需品として織り続けられている手織の絨毯のことです。
もともと遊牧民が居住するテントに敷き使われ、生活に無くてはならないものなのです。夏は暑く、冬は寒く、昼夜の温度差の激しい自然環境の中で生まれたギャッベ。
  
  この素朴なデザ インの絨毯は羊毛、草木染めで主にカシュガイ族、ルリ族などの遊牧民たちの手で織られています。
  赤は夕日の赤、緑は草原の緑、青は空・水の青、ベージュ大地の自然の色。すべて天然の恵みに よって創り出さ
  れたギャッベは現在最も「エコ」な絨毯とも言えます。



拡大します 遊牧民(カシュガイ族の生活風景  画像をクリックすると拡大します。
    
 遊牧風景 
カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景
カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景
カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景
カシュガイ族の遊牧風景景 カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景
羊の遊牧 テント 移動
カシュガイ族の遊牧風景 カシュガイ族の遊牧風景 テントからテントの移動もすべて歩き。岩だらけの広い大地にポツンぽつんとテントが点在している。羊は草のある場所へ子供が朝に移動夕方に戻る。羊の遊牧の仕事は老人と子供の仕事
カシュガイ族 女の子 手紡ぎ
カシュガイ族の女の子 カシュガイ族の手紡ぎ カシュガイ族の手紡ぎ
食事の準備 子供、娘は会話しながら歩きながらでも暇さえあれば 糸を紡いでいる。
カシュガイ族食事の準備 カシュガイ族の手紡ぎ カシュガイ族の手紡ぎ
水汲み
カシュガイ族の水汲み




 羊毛の手紡ぎ

ギャッベの原料羊毛の手紡ぎギャッベとはペルシア語で「毛足の長く粗い絨毯」を意味します。イランの遊牧の羊毛を手で紡いで糸で織られます。そのため糸の弾力は強靱になります。 ギャッベが弾力に富み素朴さを醸し出しているのもそのためです。
遊牧民の羊は品種改造もされず自然の厳しい環境で生き抜いてきたため、最高の品質の絨毯用の糸になります。
堅く、太い羊毛は踏みつけられても復元の力はどの羊毛に優るものであり、ファルス地方で織られるギャッベは染料も天然のものを使用しているのも特徴のひとつです。




 水平織機で織るギャッベ


遊牧民は春と秋、南や北に移動するため絨毯を織ります。その期間は4~5ヶ月に限定されるためオアシスの定住民の経織機と異なり移動に便利な水平織機を使用して織られています。
絨毯を織るには紋図を見ながら忠実に織り上げますが、ギャッベは紋図なしで母から子へそして孫へと口伝えで受け継がれ、自然をモチーフにした創作的なものが多いのが特徴です。

ギャッベ水平織機   水平織機でギャッベを織る



    ギャッベとは   ギャッベ産地の風景   ギャッベモチーフ


 特定商取引法の表示 プライバシーポリシー サイトマップ