ギャッベとは毛足の長く粗い絨毯

ペルシャ絨毯の基礎知識


ペルシャ絨毯のお取り扱いについて

シルクロード絨毯雑学ミニコラム


キリムについて


ギャッベ(ギャベ)について


ペルシャ絨毯工房紹介





 HOME> ギャッベ(ギャベ)> ギャッベモチーフ 

    ギャッベとは   ギャッベ産地の風景   ギャッベモチーフ

 ギャッベ(ギャベ)

GABBEH
毛足の長く粗い絨毯

ギャッベとは産地でなく、ペルシア語で「毛足の長く粗い絨毯」を意味します。
イラン南西部の遊牧民によって古くから生活の中の必需品として織り続けられている手織の絨毯のことです。
もともと遊牧民が居住するテントに敷き使われ、生活に無くてはならないものなのです。夏は暑く、冬は寒く、昼夜の温度差の激しい自然環境の中で生まれたギャッベ。
この素朴なデザ インの絨毯は羊毛、草木染めで主にカシュガイ族、ルリ族などの遊牧民たちの手で織られています。
赤は夕日の赤、緑は草原の緑、青は空・水の青、ベージュ大地の自然の色。すべて天然の恵みに よって創り出されたギャッベは現在最も「エコ」な絨毯とも言えます。

 ギャッベモチーフ


地母神(エリベリンデ)
女性の胸と腰を強調したデザインには、女神像、豊穣、多産の願いが込められています。紀元前4,000年~5,000年にさかのぼるといわれるほど、長い歴史を持つ文様です。

羊の角
遊牧民にとって羊は財産そのもの。その羊の角は男性の力や能力を表し、繁栄や豊穣、力を意味しています。パターンは150種類あるといわれています。

愛と和合
極東アジアから伝わったこのモチーフは、一般には"Ying-Yang"という名前で知られており、男性と女性の和合を表しています。

人(男・女)
動物(犬・ラクダ・鳥)
クシ
サソリ
S字パターン
かに
走る犬


    ギャッベとは   ギャッベ産地の風景   ギャッベモチーフ


 特定商取引法の表示 プライバシーポリシー サイトマップ