ペルシア絨毯・キリム・ギャッベの直輸入/卸 サンアイカーペット 04-7144-9616

ペルシャ絨毯の基礎知識


ペルシャ絨毯のお取り扱いについて

シルクロード絨毯雑学ミニコラム


キリムについて


ギャッベ(ギャベ)について


ペルシャ絨毯工房紹介





 HOME> 主な工房紹介

主な工房紹介


マースミ工房
(masoumi)

マースミ工房の職人は、国家資格を持った絨毯職人に5~6年の修行期間を設け、クオリティの高い熟練の技術を修得しています。
現在、2,500名以上もの織り職人を使い、他のクムの工房には見られない独特の風合いの絨毯を製作する、ペルシア絨毯業界でも最大規模の工房になっています。 マスミ工房 社長 セイエッド アリ マースミファルド氏の絨毯へのこだわりは、素材には、天然染料で染め上げたカスピ海沿岸産の最高級品質のシルクを使い、クムの絨毯の本来の結び方であるペルシア結びを用いて、1センチメートル四方の中に百個以上(1㎡当たり100万ノット)ものパイルを結び込み、透明感のあるやさしい色調と、繊細な図柄を表現している事です。


アルサラーニ工房
(arsalani)

クム絨毯の創業者としてのアルサラーニ家(アルサラーニ工房)は、18世紀の初頭に始まった、クム市の絨毯の近代史の4代目となり、アルサラニ社は、色の配合やデザインの傾向において、先駆者的存在となりました。 古典から現代にいたるまで、アルサラニ絨毯のデザインは、伝統的であるとともに、より珍しいパターンまで、非常に幅広い種類があります。 無数の複雑に蓄積されたモチーフは、数十年間に渡り、全世界のユーザーの要望に答えております。 アルサラニ工房の技術は、他の生産者と異なり、芸術的技技巧を持った職人や女性技術師等により、熟練の織りを通して、それぞれの絨毯は最高密度のノット(結び目)となる製品を製造してます。 この技術の高さは、他を凌ぐ技術に磨き上げました。


ハーキー工房

ハーキー工房の次世代を担う サイード・ハーキー氏 1977年生 クム出身
約90年前から、代々絨毯製作に携わる家計に生まれ、クムのバザールの絨毯販売を取り仕切る父の意向を引き継ぎ、高校卒業後、絨毯のデザインと製作を師事。この業界に進みました。彼のデザインへのこだわりは絨毯の色彩や文様に表出され、細やかな精神は絨毯の表情を変え生き生きとした作品となっています。ハーキー氏の工房では、職人への指導も厳しく、細やかな配慮を欠かさない精神を技術と同様に伝授しています。若手ながらベテラン顔負けのセンスは、血筋ならではの所以努力を惜しまない、気骨精神の賜物でしょうう。約16年前より、日本においての販売を展開し、ケメネスが仲介となり現在に至っています。日本人好みやライフスタイルを熟知しているが彼の作品は、華やかで繊細な美しさと定評があり、今後更なる人気の作家になる事と期待されています。
ダヴァリ工房
(Davari)

ここ数年で日本でも有名工房の一つに上がってきているエスファハーンの工房にダヴァリ工房があります。3兄弟アブドゥラヒーム・ホセイニ・モハマッドによって設立されたこの工房は、現在エスファハーン市内に200~300人の織子を抱えた工場を構え、月産約20枚の絨毯を製作し、その周辺はダヴァリ村とよばれるほどの絨毯有名産地となっています。
彼らの作品は従来からのエスファハーンの伝統的なメダリオンのデザインのみならず、1980年台後半から、花瓶の総柄・ゼロソルタン柄を世に広め、新鮮であり中心柄よりも総柄タイプが多く、伝統的な赤、紺、ベージュ以外に、緑、青といった色彩も取り入れ、幅広い色彩を演出しています。




 特定商取引法の表示 プライバシーポリシー サイトマップ